プールでのトレーニング

昨日、久しぶりにプールでのトレーニング。

約2時間で大体2キロ。

このペースと距離は自分の定番。

あまり無理せず、でも適度な負荷のかかる量。


なのに、翌日体がとてもだるい。

プールでのトレーニングが久しぶりだということもあるのだろうけど、それだけではなさそうだ。

その理由は、今回泳ぎ方を帰ることを意識して、25メートル泳ぐごとにストローク数と、泳いでいるときの体の状況を振り返り、次に泳ぐ時に修正をしていった。


特に少ないストローク数で泳ぐごとに意識を集中することで、いかに水の抵抗を少なく、また、水をしっかりと掴めるかを意識していた。

一回ずつしっかりと伸び、肩甲骨を意識したのが今日の体のだるさにつながったように思います。

そう考えると、このだるさはとても充実した結果なのでとても、気分が良いだるさです。


今回のストローク数を記録しておきます。


片手ずつのゆっくりしたストロークで7回

両手を使うストロークで13回


次はさらに少ないストロークわ目指します。


疲れが溜まりすぎて・・・

二日連続で飲みに行き、帰るのが遅くなった。

そして、自分が主催したミーティングの開催。


疲れが溜まりすぎて、ブログが書けなかった。

体幹トレーニングも二日していない。

昨日は早く帰宅したのですが、夕食後すぐに意識がなくなり、気がつけば寝てしまっていた。



そんな次の朝、睡眠は十分に取ったのですが、疲れは取れていない。


改めてこの3日間にあったことを思い出すと、飲み会は二日ともとても楽しくて気分転換になった。

楽しすぎて帰宅が遅くなったのは反省した方がいいのかもしれませんが、なかったよりあった方が良かったと思えるので◯


昨日のミーティングは、とても濃く本質的な話をみんなが本音で話し合えた。その分、濃すぎて、終わった後は疲れすぎて何もできないぐらいになってしまったのですが、とても充実した時間だったので、こちらも◯



と、いうことで、この疲れはとても心地の良い疲れだということに認定します!



今日も頑張ろうっと。



体幹トレーニングについて

足を痛めて走れないので、体幹トレーニングを毎日しています。


サハラに行く前は、走るか、走れない日は体幹トレーニングを毎日欠かさずしていました。


体幹トレーニングを始めた時は1分1セットから始め、次に1分2セットに、そして、2分2セットに。

2分ずつ2セットができるようになってからはそれをノルマとしてしてトレーニングしていました。

ある程度筋力に自身がついてきていた時にトレーナーに改めて体幹トレーニングを見てもらったのですが、そこで、その自信は砕かれてしまいました。


今まで自分でしてきたトレーニングは全然ダメ。もっともっと自分が一番きつい体勢を維持しないと意味がないと指摘され、指摘通りにすると、2分どころか1分さえ続かなかったのです。

自分の甘さを改めて認識し、そこから仕切り直しになりました。



今回改めて体幹トレーニングをしていく上でのポイントは


・時間の長さより、一番きつい体勢ですること



再開した時は一番きつい体勢どころか、その姿勢にすらならないぐらい筋力が衰えていました。

そのあと、毎日続けていくうちに少しずつ筋力が戻ってきて、最近やっと1分1セットと2セット目は途中で悲鳴をあげながら、どうにか最後までできるレベルまで戻ってきました。



トレーナーに指摘してもらったこと「自分の一番きついと思う体勢」を意識しながら、サハラ出発前のレベルに戻していきます。



テレビドラマ「陸王」を見てマラソンへのモチベーションが上がった

TBS系列で日曜日の夜9時から始まったテレビドラマ「陸王」を見た。

放送開始前からやたらと番組宣伝が流れていて、また主演が、役所広司ということで、ドラマに興味のない自分でも知っていてイメージも良い。

俳優で顔も名前も知らなかった竹内涼真が少し前にテレビに出ていて、話し方や表情がとても好印象だったことなどもあり興味があり見てみることに。


勝手にマラソンのドラマだと思っていたのですが、話が始まると、企業が新しいことに挑戦していく姿の描写でどんどん引き込まれてしまい、銀行の、融資を断り、従業員と一段となるシーンでは思わす涙が出そうになってしまいました。



そして新しいランニングシューズや走っているシーンを見ていると、ついつい走りたくなってきてしまいました。


ドラマを見終わるとすぐに体幹トレーニングを開始してしまうことに。

大阪マラソンに向けて良いモチベーションが維持できそうです。




来週も「陸王」見てトレーニング頑張ろうと思います。



足指まわしについて

本屋で「足指まわし」と書いてある本が目に入った。

その時はあまり気に留めなかったのですが、家に帰ってネットで調べてみると、たくさんのページがあり結構流行っていることを知った。


いろんなページの中で、多くは「足の指を回すだけで健康に」というのが多かったのですが、その中で、足の指だけでなく、足の全体の関節を意識して動かすことを書いてあるページがあります。


足を傷めている自分にとって、足の関節を一つ一つ丁寧に動かしていくことは、どの関節を痛めているのかを知る上でとても興味が湧いてきました。



足の指の関節がどこにあり、また、指だけでなく、足の甲や、踵にも関節があること、そんなことを確認しながら自分の足の関節を動かして見ました。


普段動かしていない関節を動かすと、とても気持ちがいいです。


気持ちが良く、足が治ることにもつながりそうなので、昨日から毎日足指まわしをすることに決めました。


内容は、

・足の指を一本一本まわしていく

       親指と小指は特に丁寧に

・足の指と手の指を組み合わして足全体を動かす

・足の甲を動かす

・踵を左右に動かす

・踵の1cmほど上のところを動かす

・膝から下の骨の横をマッサージ

・太ももの骨の横を肘で押してマッサージ


この内容でマラソン当日までに足の筋肉を柔軟にしていきます。


その目標を達成できないとすふとどんなことが考えられるのか?の続き

前回、第二目標のフルマラソンを足を傷めずに5時間以内での完走をできなくなってしまうリスクについて書いたのですが、今現在はまだ足を運ん傷みが取れていない状態なので、まず、足の痛みをなくすことが大前提です。


回復のペースから大阪マラソンには間に合うと予測しているのですが、もう一度大きな負荷がかかると12月のレースにも出られなくなってしまうかもしれません。



そんな時、本屋で見かけた「足指まわし」というのをやってみることにしました。


明日は足指まわしについて書こうと思います。


その目標を達成できないとするとどんなことが考えられるのか?

今回の第二目標

足を傷めずに5時間以内での完走


この目標を達成できないリスクを考えてみました。


・ランニングの練習不足

体幹トレーニング不足

・当日のオーバーペース

・痛めている左足の状況の悪化

・体重が重くなりすぎ

・新しいランニングシューズとの相性が悪い

・当日の天候、気温対策失敗

・フルマラソンに対しての慣れからくる心の油断




今思いついたのはこんなところでした。

このリスクに対して、しっかりと対策をしていく。

とくに、最後に書いた慣れからくる油断を注意していこうとおもいます。