サービス業での売上ってなんだろう?改めて考えて見ました。(その3)

スタッフが

お客様の喜び = 売上


このことを理解してくれた後にも課題は残ります。


一時的は上の方程式を理解する事で、「お客様の喜びを増やそう!」という事で、売上も増えていくことになるのですが、その次に、ひとりのスタッフが、どこまで売上を上げていけるのかについての課題が出てきます。



一つのサービスでお客様からいただけるお金はある程度相場があります。

その相場は需要と供給でバランスが、取れていることが多いのですが、そうすると、一定の金額以上に上げることはかなり難しくなってしまいます。


また、1日で提供できるサービスの数も、一定のところで限界がきてしまい、そこで売上の伸びは止まってしまうことになります。


このことはある程度仕方ないことなのですが、働いているスタッフは、毎年毎年、給料が上がることを期待していて、きゅが上がらないとモチベーションが上がらないばかりか、下がってしまうこともあります。


モチベーションが下がると、サービスの質が下がったり、効率が落ちることで提供できるサービス数が下がってしまいかねません。


そうなるとどうなるかというと、売上が上がらないだけでなく、下がってしまいます。


そして、その先には、売上減によって、給料も下げないとバランスが取れなくなってしまいます。



このことをどうしていくのかについては経営者側の悩みだと思うのですが、なかなか難しい課題です。



このことを経営者と一緒に考えてくれるスタッフが多いといいのですが、少ない、または、いない会社は事業拡大はかなり難しくなってしまいます。


ここが個人事業とその次のステージとの分かれ目のようにおもいます。



明日に続けます。



サービス業での売上ってなんだろう?改めて考えて見ました。(その2)

お客様に喜んでもらいたくて、会社に入ったのに、会社の利益のために働かないといけなくなる。


ここで苦しんでしまうスタップを今までに沢山見てきました。



  お客様の喜び  =  会社の利益


サービス業の場合、この式が成り立っているはず。

これが成り立たないと、その会社は潰れてしまう。



提供しているサービスの値打ちが

そのサービスを提供するのに必要なコストを上回っていて、会社として存続できる。



まずは、このことをちゃんと理解することから始まるように思います。


新入社員の時の研修などで、知識として知っておいてもらうと良いのかもしれないですね。

自社の研修担当に提案してみようとおもいます。


サービス業での売上ってなんだろう?改めて考えて見ました。(その1)

サービス業の会社に勤めていると、その会社に入社を希望する人たちは、そのサービス内容が好きな人が多いです。

私の勤めている会社では、技術の提供を行うサービス業なのですが、なおさらスタッフは技術を提供してお客様に喜んでもらうサービスを提供することで働くことの満足感を味わうスタッフが多いです。


そんなスタッフたちは、お客様に喜んでもらうことか、大好きなので、お客様にとってとても感じの良いスタッフとなり、会社にとってもとてもいいことです。


お客様、スタッフ、会社

全てにとって幸せな状態です。



しかし、そんなスタッフの中から、リーダーになり、後輩を育ててもらったり、部署を任せたりするようになると、本人のもともとの希望している仕事とずれてきます。

後輩を教えるまでは、まだ技術も関係しているのでいいのですが、部署の責任者となると、技術からは離れて、部署の利益を追求することが役割となります。

会社に組織にとって、利益を出すことは言うまでもなく、とても重要で、その会社のサービスを喜んでくれるお客様や、その会社で働くことに満足し生活しているスタッフの雇用を続けていくためには、利益がないと続けられません。


さらに、スタッフは毎年給料が上がることを期待していますので、前の年よりも利益が増えないと給料は増やしてあげることはできません。

とても、当たり前なことだと思うのですが、そんなことは学校では教えてもらわなかったように思いますし、もし、教えてもらっていたのかもしれないですが、忘れている人がほとんどではないでしょうか。


そうすると、そのことを会社でスタッフに教えていかなければならないのですが、そこで先ほどの幸せな関係が崩れることがよくあります。



入社する前は、技術を提供して、お客様に喜んでもらうことをイメージしていますが、「売上を上げる」と考えた途端に、いかに沢山のお客様に利用してもらい、そして、少しでも高額なサービスを利用してもらうことを考えないといけないと考えるからです。



長くなってきたので

また明日に続けたいと思います。


勝手に思いこんだまま、1月の半分がすぎました

今日は1月15日
あっという間に1月も半分が終わりました。
半月が終わるということは24分の1が終わったということになるのですが、
年明け早々に、なかなかハードなスタートとなっています。

ハードとは言え、内容としては、仕事を中心にかなりスピーディにすすんでいます。
特に、今年は過去にとらわれず、今できることに意識を集中して行動することを
意識するようにしており、その結果、去年とは違った結果になるのではないかと
思いながら仕事をしています。


売上についても、一緒に働く仲間についても、
自分自身に対しても、
レッテルを張って決めつけてしまうのをやめてみると、
ストレスも減るように思えます。


たとえば、いつもミスばかりするスタッフがいたとして
いままでであれば、「また、ミスした!」と、
なってしまいがちです。
また、次に仕事を依頼するときも、「また、ミスがあるかもしれないからチェックしよう」
などと、余計な心配が続いてしまいます。

しかし、
一度リセットしてしまうと(リセットすると心の中で決めてしまうのですが)
頼むときの心配事がなくなり、
そうすると、ミスも減ったような気がします。(たまたまかもしれませんが)
そうなると、最近は「大丈夫!」と思えるようになってきました。

そんな考え方を、売上についてや、自分自身に対しても持つことで
いろいろなことが順調にすすんでいます。


まったく根拠のないような話ですが、

勝手に思い込んだまま
このまま信じて進んでいくのではないかと思っています。

 

今年はままだ24分の23あります。
どんなことがあるのか楽しみです。 

 

 

自分は対人恐怖症? 周りの目を過度に気にしている自分の乗り越え方

ふと、思い出したことなのですが、自分は対人恐怖症だったのではないかと
勝手に思っています。

過去形で書けるということから、そのことに対して気にしなくなっているのだろうと
いうことも同時に感じています。


以前の自分はというと、組織などのイベントなどで大勢の人の中にいることがあまり好きでは
ありませんでした。
どれくらいの人数になると行きたくなくなるのかを改めて考えてみると、
大体5人以上集まるイベントは飲み会を含め行きたいないと思っていたように思います。

なぜ、行きたいくないかというと、孤立するのが怖かったからです。
大勢の人たちが楽しそうに会話している中で、ひとりになってしまうのが怖いと思っていました。

この程度のことを”対人恐怖症”というのかはわかりませんが。

 


では、今はどうかというと、


今でもあまり行きたくありません・・・・・

 


では、なぜ「対人恐怖症だった」と過去形で考えているのだろうかと
自分でも不思議に思え、改めてこのことを考えてみたのです。

 

自分は過度に人から見られてどのように思われているのかを気にしていると
思っていました。
そんなことは、たぶん、ほとんどの人が気にしているのだろうと思ってはいるのですが、
人と話しているうちに、”気にしすぎている”そんな確認をもっていました。

そのことについて、いろいろな本を読んで克服しようとしてみたり、
信頼できる目上の人に相談したこともあります。

それなのに、今は少し違う感覚でそのことをとらえている自分に気が付きました。
今でも、大勢の中で孤立してしまうことはとっても怖いと思っていますが、
心のどこかで
「まっ、いっか・・・」と
割り切れるようになっていました。

 

いつからなのか? 
どうしてそう思えるようになったのか?
よくわからないのですが、
そんなわからないことについても
「まっ、いっか」と
思っています。


いつか、また、このことが気になるようになったときのために
また、同じようなことで悩んでいる人がいて、
この文章にたどりついたときのために
文章に落とし込んでみたのですが、
まとまりませんでした。


しかし、あえて言うなら、
もし、周りの人の目が気になったとしても
時間が経つと周りの人も、自分自身も気にしなくなっていく。
だから、あまり気にしないでいいのじゃないか。
そんな結論を残しておきます。


まとまりのない文章ですが、
まっ、いっか!

 

サブタイトル Happy New Dayの意味

Happy New Year は

   新年明けましておめでとうとございます


Happy New Dayは

  今日という新しい一日が始まりまして

        おめでとうございます


このことを忘れないようにするために、このブログのサブタイトルとしました。




人間は、みんな"死"というゴールを目指して生きている。

そして、そのゴールはどこにあるのか、いつ来るのかわからない。



サハラマラソンに出た人の話で、

「自分は何故、こんなに暑くて、荷物は重くて、身体は限界までしんどくて。そんな辛いことをすることをしているのだろうか? そして、そのゴールの先には何があるのだろうか?  」


そんなことを砂漠を進む中で考えていたそうです。

このレースに出てしまったことを後悔しながら。


そんな中、気づいたそうです。

「ゴールした後にどうなっているのかではなくて、このレースを体験する、苦しさを体験し、そんな中で、限界を超えた状態になると自分はどうなるのかを体験するために来たんだ」

「それなら、思いっきり、暑さや、身体の辛さを味わおう!」


この話が、自分がサハラマラソンに行く事を選んだ背景にありました。

そして、サハラマラソンのレース中、苦しみながら何度も思い出しながら、「今、感じていること、この時間そのものを味わい、楽しもう!」

そんな風に思いながら進んでいました。


そして、サハラマラソン後半には、この時間の終わりに近づいていること、そして、必ず終わりが来ること、つまり、ゴールする事が悲しく思えてきたのを覚えています。



人の人生と似ているような。


人生は"死"というゴールに向かって生きている。


それだけに、

まだゴールに着いていないこと、

ゴールを目指して進むことができる"今日"という日を味わえる、そんな一日を迎えることが出来たことを

新年が明けたと同じように喜びたいとおもっています。

そして、この文章を読んでくれたあなたには、今日という日があったことにおめでとうと言いたいと思っています。


Happy New Day!






      

星野仙一さんの言葉

日本代表の監督になった時に選手にかけた言葉


自分を信じて、

仲間を信じて

一生懸命やろう!



楽天の監督になった時の言葉


やっぱり

優勝というのを念じようや!

念じて

念じて

念じまくれ!



楽天が、優勝する年の始めの選手とのミーティングでの言葉


てっぺんを奪う事を念じろ!





いずれもテレビで見た映像からです。



目標を達成するために

自分や仲間を信じることと、

達成するまで念じ続けること。


だから、あれだけ熱くなり、そしてその影響が周りの仲間にも広がるんだ。


では、自分はどうだろうか?